スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5-1。

  28, 2013 03:53
「でさー、例の一揆のせいでなんかもう全部値上がり。まじやってらんねー。」
「おまけ付けてくれたけど……いつまで続くんだろうなー……。」
いつもの夕食。おしゃべりの時間。
ジジィは私のおしゃべりに適当に相槌をうちながら食べ終えるのがいつもの日常だったのに。
「……その一揆なんじゃが……シヴも参加してみんか?」
「は?なんだよ突然。また頭がおかしくなったのか?」
「儂はいつでも正常じゃ。ほれ……お前のお腹の中にある儂の子……。」
「…………。」
「もといエンブリオ機関な。前のメンテからそろそろ1年になるじゃろ?」
「あー……あ~……↓」
「そういう事じゃ。オーバーホールしようにも物が無くてはな。」
「んーでも私なんかが行っても……。」
「なに、あれだけ大勢参加しとるぐらいじゃしまかないでもなんでも人手はあって困るもんでもなかろう。」
「んーまかないーまかないかー……それぐらいなら出来ないこともないと思うけど……。」
「その間のご飯とかどうするんだよ。」
「まあ保存食もあるしどうにかなるじゃろ。」
「んーでもなー……。」
食べ終えた私は洗い物を始める。
「まあ無理にとは言わん。今日明日でないと困るものでもないし、待ってる間に終わるかもしれんし。」
「ん……もうちょっと考える……食べ終わったら水に浸けといてくれ。」
「わかっとるよ……おやすみ。」
「おやすみ。」
洗い物を終え、部屋に戻る。
ベッドに寝ころんで、天井を見上げる。
「……私みたいな。」
からだで……役に、立つんだろうか。

その晩の夢は再改造を受けて人外みたいな姿で闘う夢だった。
夢見最悪。
----------------------------------------------
さてさて、ブログのフォームを変えておきながら気がつけば3回目の更新を迎えようとしてますね。
とりあえず麻子麻子とメインできてたので、あらたに私のキャラとして認知されると良いのですが。
千手千束コンビはまた使う機会もあるでしょう。セルフォアンジとあってのキャラなのでどっちかの妹には消えて貰うことになるかも知れませんが。

設定を多少変えてみたところで文体が変わるわけ無いので似たようなキャラにならなければと願うばかりですね。
以前から再三書いてますが出来るキャラの幅が狭いので。
自分しか出せないんでしょうねきっと。想像力が足りない。

コメディタッチ……とまでは行かないまでも明るい話になればいいなあとか思っておりましたが。
早くもシリアス一直線ですね!
キャラが思い悩んで、苦しむのが好き。
何回でも同じわだちを踏めばいいと思います!

今回の設定は
『村はずれに祖父と二人で暮らす少女。

ある朝起きたら祖父によって改造人間にされてた。クソが。殺すぞ。
外見上は特に変化ないがそれ以来あまり肌を晒したくない。
帯電体質。

夢は白馬の王子様と結婚してお嫁さん。』
ですが最後どこに着地するでしょうねー?
クソが殺すぞでクスッとなって貰えたらもうそれで目論見は達成した気がしないでもないですが。
早くもネタばらしするとFE製ルールの出生表でしたっけ?アレをふって適当に拾ってます。
なんでしたっけ。DXとなんかロボの?あとSF?たしかその辺ふりました。
といっても実質いま拾ってるのは帯電体質と名前だけですけど。
四分一。から渋井。もろ和名。いいです、後で適当に意味をでっち上げます。
そこから上記の設定が生えてきました。
キャラが立つことを祈るばかりです。

麻子の時は病んでる!で票を貰えたのが嬉しかったですね。
今期は……かわいそうとかで票を貰えたら嬉しいな!

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。